11月の食べ物、飲み物

公開日:2017-11-30

小ぶりながら、アオハタとアコウ、小鯵はアコウが飲みこんでいました、出汁が出るのであさりとドライトマトを入れてアクアパッサ 秋になると獲れるこしょう鯛の刺身(番浦史郎作)白身ながら上品な油があります 腹身は塩焼き(豊場惺也作)焼くとより油気を感じます。甘海老ブルスケッタ(中島克童作)甘海老の殻で出汁をとって、リゾット(松井菁人作)近年高価になった梅貝 刺身(中村卓夫作)コリコリです。残りはもやしと青ネギ、ザー菜 大蒜、生姜で塩焼きソバ(石皿)

シャトー・ムーラン・ローズ 2003年 飲んでみての感想は飲み頃でした、メルローとカベルネフランが主体 なめし革、タバコ、チョコレートなどの香り2003年なので当然タンニンは感じますがスケール小さいながらまとまっています。シャトー・ド・サンコム コート・ロティ 2007年 まず色は上からのぞいてもシュテムが見えません タンニンの渋みあるものの飲み頃になっています塩気も感じパワーあります、10年~15年ぐらいは全然大丈夫です。