東日本橋 釉月

公開日:2017-11-27

 

器を使ってもらっている金子君のお店、釉月が再開したと案内をもらいましたので、上京の際行っていました。バブルの頃に建てられた物件をリホームしたもので、新築かと思ってしまいました 前の店は地下だったのですが、今回は中二階 江戸前寿司のお店のような感じで期待させます まず最初に本日のメニュー、今回再開にあたって、私自作の楊枝入れ差し上げましたので1枚、選んだお酒は、萬膳の前割と神座、お通しの焼き蛤、選んだものは、刺身盛り合わせ(左から炙り金目、鰹藁炙り、鰤漬け、松皮カレイ縁側、アマエビ昆布〆、真鯛、真鯛入り酒かけ)ポテサラ、蠣味噌豆腐、八丈島ジャージー牛リコッタチーズと柿の白和え、岩波豚バラ肉と発酵白菜の蒸し煮、写真ありませんがメンチカツ、魚骨ラーメン(器自作)どれも大変美味しい、まだ、なれないところがあり勝手が違うと金子君は言っておりましたが、約一年のブランクを感じさせません。上京の際にはまた寄りたいと思っています。