5月の食べ物、飲み物

公開日:2019-05-31

5月早々、真鯛順調に獲れています 写真の映像は2尾で3.7キロ(7500円)食べ方は刺身2種盛り,白子ポン酢、上から昆布〆、皮を湯がいてポン酢、肝と真子煮物 腹身塩焼き、頭は兜煮 荒は沢山出たので、煮出してラーメン 薬味は天然の三つ葉 大型連休中にはお客さんに出したり、知人に送ったり随分捌きました 今年はタケノコの裏年でほとんどもらえず、わずか1本頂きました、若竹煮 逆に独活は各方面から 食べ方は穂先は天ぷら、皮を剥いてスモークサーモンと酢の物、大きいものは豚バラと肉巻きサクサクしてよい触感です。

 

1本目赤、サンコム・ジェームス コート・デ・ローヌ 2012年 色は上から見てもグラスの脚が見えません濃い色です 度数は14・5% 1口飲んで飲み頃です正直旨い スパイシーさは胡椒に似ているとよく表現されますが、今盛りに採れる山椒にも似て尚且つ、まろやかさも持っています 2本目も赤、いつ開けても良かったのですが、思い切って抜栓しました シャトー・ラトゥール 1989年 89年は平成元年 熟成は30年申し分ありませんが、RP(全部信頼はしていません)の評価は89点と4大シャトーの評価としては今一歩でRPが醸造に成功はしていないと言っています 色は脚見えますブルゴーニュのような色でグラスのエッジはオレンジがかっています 1口含んで、尖がった感じや渋さは感じません 十分に熟成し頂点を過ぎた感じで古漬けの沢庵の風味も感じます 不味くはありませんが、力強さはまるでありませんミディアムボディでチャーミング 黙って出されたら誰もラトゥールは気づかないのではないでしょうかもちろん個体差はあると思いますが、近年相場から考えるとこれからの購入はお勧めできません。