12月の食べ物、飲み物

公開日:2019-12-30

12月まず最初は底引きで獲れる平目 何度か買い求めましたが、値段は安いのですが当たっているものも多く余り日持ちしません(身が柔らかい)ので知人に送る事も出来ず、自家消費 状態の良いものは刺身、当たっていいるものはフリッター 頭は兜煮 粉をはたいてソテーどれも飯に合います 秋の名残のアオリイカ今年はよくお見掛けしました これも何度か買い求め、隠し包丁を細かく入れ細造り 塩で食すると甘みが口に広がります フリッター エビと一緒にアヒージョ 最後は珍事のマグロ、行商の魚屋さんに貰いました(腹身)!理由は聞かないでください?ただ美味しくいただきました 刺身とマグロ丼 個体は小さいのですが初冬のマグロ、脂は乗っています

1本目赤 エティエンヌ・ギガル コート・デュ・ローヌ 2015年 いつも飲んでるローヌの最新ビンテージ 飲んだ感想は例年よりシラー独特のスパイシーさを感じます アルコール度数も14%と天候の良さを感じ、飲み頃(今でも飲めますが)は2~3年ほど後ではないでしょうか?2本目は白 シャプティエ エルミタージュ・ブラン デ・ロレ 2000年RP100 なかなか飲む機会が無いRP100、改まった年の年末に思い切って抜栓しました 色は輝く黄金色 粘度も有りますアルコール度数14・5%ビンテージから19年我が家のセラーで16年さすがに飲み頃でした 球体のようなワインで全く角がありません表現するならば酸味(杏)のある極上ムルソーのような口当たりです 上記のマグロと一緒に合わせると良かったと後悔しています 今年飲んだ中では最高のものでした。