3月の食べ物、飲み物

公開日:2020-03-31

お正月の残りの塩数の子、賞味期限になる前に塩抜きして味付け直し、気温が上がってきているので、触感が柔らかめでした。牛タンの赤ワイン煮、これも昨年コストコで買い求めた生の牛タンの残りを冷凍しておきました冷凍だと焼けてくるので赤ワインで煮て食べきりました。底引きの赤カレイ 定番の煮付け あまり料理したことのない 宗八カレイ 5枚に開いてフライ、玉子と粗は煮付け共に淡泊で上品な味でした 春先の旬のヤリイカ1か月の間に何度か買い求め、刺身、フライ、香草焼きなど存分に楽しめました 山菜走り、アサツキはバイガイとヌタ 最近地元調味料でブレーク中の麩市地がらし(在来種の和辛子を使ったレアモノ全国で探してもないようですよ)を使用した辛子味噌なので、苦くて甘くて辛くて滋味深いものでした。最後はゼラチンと粉寒天が残っていたので、牛乳プリンと杏仁豆腐 牛乳プリンはバニラエッセンス入れイチゴにブルーベリー皿に盛ってから練乳掛けました 杏仁豆腐は白蜜無いので、自作しグラニュー糖を水で溶かし火にかけ火を止める前にコワントロー(オレンジリキュール)をたらしました、共に甘さ控えめで大変うまくいきました。

1本目は赤 シュヴァル・カンカール シェルデ・ボルデ・ルージュ 2010年 アルコール度数は13% グラスの縁がレンガ色してます 飲み頃です 知らないワインなので調べてみるとメルローが主体で80%どうりで柔らかめでデイリー向きおまけに値段も1000円台でまた買い求めたいものでした 2本目も赤 甥が20歳で2000年ヴィンテージを抜栓したいと思い選びました シャトー・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド 2000年 アルコールは13%上から覗いてもグラスの脚は見えません、1口含んで飲み頃に入ったところでしょうか、メルローも入っておりとげとげししくはありません健康的でバランスよくタンニンも程よい加減です 向こう10~20年ぐらいはおいしく飲めるのではないでしょうか。

当地福井でも新型コロナウイルスの感染者が現れ少々騒々しい状態になってきました 吞気に飲み食いなどと言っていられない感もあるのでブログの更新をお休みします また落ち着け付けば元に戻す予定です。