漆黒目

公開日:2015-08-03

DSC_0306DSC_0312DSC_0313DSC_0315

7月31日に漆黒目をしました。黒目た量が2貫目と少なかったため、朝は7時から始めました。いつもはもう30分ほど早いのですが、天気の具合が予報では悪かったため、遅らせました。次の写真は8時、また次の写真は、9時と徐々に黒になっていきます。結果、11時まで黒目の作業をしました。中国産の城口を使ったため、徹底的に水分を抜きました。漆の温度は、最後11時の時点で、47度まで上げました。日本産では、考えられない温度です。ガラス板にすぐ、黒目上がった漆を付けて乾き具合を見ました。結果は3時間で、触れるぐらい乾きました。黒目た直後は、たいがいの漆は乾きます。ここで乾きが遅かったら、使い物になりません。次の写真は翌8月1日に泡を消しているところです。週が明けて、3日に改めて、ガラス板に漆をヘラで付けて,乾き具合を見ました、結果は、8時間ぐらいで,艶が引けるくらい乾きました。ちょうど良いぐらいでしょうか、かなり水分をとばして正解でした。