京都 和久傳

公開日:2015-10-04

DSC_0395DSC_0396DSC_0397DSC_0398DSC_0399DSC_0400DSC_0401DSC_0402DSC_0403DSC_0404DSC_0405DSC_0406DSC_0408

先日、京都に用事があり行って来ました。夜は知人とJR京都駅伊勢丹にある和久傳で食事してきました。和久傳さんには、高台寺、室町などのお店で私の作った作品を使って頂いているので、京都に行くと利用することが多いのですが今回は、私が泊まったホテルに近いので伊勢丹のお店に行きました。先ず、そば茶、天然間八刺身、のどグロ炙り、松茸、鱧の土瓶蒸し、和牛ステーキ、ソースは味噌にイチジクの甘味を加えたもの、付け合わせに赤い万願寺とうがらし、食用のほおずき、若狭焼風の甘鯛のてんぷら、イクラ入のおろし蕎麦、伊勢海老具足煮、その後はご飯ものを三種選べるというので、全部、調査の為に頂いていました。赤いお椀は、松茸、鱧のぞうすい、次が名物の真鯛の黒寿司、最後が、鰹のづけ丼、果物に、幸水なし、シャインマスカット、和菓子に写真は無いですが御薄。全部美味しく頂きました、和久傳全店に言えることですが、手をなるべく加えず素材の良さをそのままに出している料理で、伝統的な京料理とは少し違うところに独自の個性を感じ共感を覚えます。板長の木山さんともお話でき、イタリアのミラノに行って料理を作った話もお聞きし、楽しい時間を過ごすと事が出来ました。