並木恒延作 明日

公開日:2016-05-10

2016_0424_134141-DSC_0013 2016_0424_134235-DSC_0014

並木恒延作、明日(36cm×10cm)縦長の短冊仕立てのパネルを使い、プラチナ箔を砂子にして土手に見立て、茶色の色箔を使い筍から竹に育つ瞬間を描いています。この作品を見ていると亡くなった父が子供の頃、親たちが山に行って山菜を採って持ち帰り自慢しあっているのを見て、自分も真似て、山に一人で行って筍を採ってきて親に怒られ、採ってきた筍を担いで、山の持ち主に謝りに行かされた話(結局許してもらい家で食べた)などを思い起こし、微笑ましくなんだかニヤニヤ笑ってしまいます。