8月の食べ物、飲み物

公開日:2016-08-30

DSC_0104DSC_0106DSC_0105DSC_0102DSC_0103DSC_0130DSC_0148DSC_0149DSC_0171DSC_0172

まず、青魚の鰆を塩たたき(岡野法世作)盛り込み過ぎですね、夏野菜と共に揚げだしをガラスの器で、出汁が浸みて冷えても美味しい味で飯にもよく合います。これも青魚の鯵、たたきと鹿子(豊場惺也作)残りをフライで(中島克童作)身は肉厚でジューシー中骨はカリカリでビールに良く合います。今年は春先から赤イカ(全国的には剣先イカ)が豊漁で日記には登場させませんでしたが毎週ぐらい食べていました。盛夏となりかなり大きいものもでまわっていますが、写真ぐらいが手頃なサイズでしょうか、定番の刺身(中島克童作)海ブドウ、トマトサラダ(金重愫作)海ブドウは魚屋さんに貰いました、ゲソは付け焼(滝口和男作)七味唐辛子を最後に一振り、とても上品なイカ焼きの味です。最後に母親の実家の墓参りに行ったときに貰ったゴーヤ、食べつけないので思案した揚句、一塩して春雨と共に炒めました(奥田達郎作)ほろ苦くて大人の味です。

DSC_0150DSC_0166DSC_0164DSC_0075

シードルはアルティザナル・ビグーダン さわやかな風味と心地よい酸が昼酒向きです。白は2本ヴァカンティ・シャルドネ・フィリツァンテ(イタリア産)とラゴスタ・ヴィーニュ・ヴェルデD.O.C(ポルトガル産)共にノンヴィンテージの微炭酸です。アルコール度数も10.5%と9%でやや低めでキンキンに冷やして頂きました。最後は毎年恒例の草刈りの時に刈り取ったミントを使ってモヒート、今年はバカルディのゴールドを使いました。