諸国名物帳

BLOG

2015年07月19日

漆黒目の準備

梅雨が明けたら、漆黒目をしたいと思い、準備しています。黒目鉢は、我が家所有のの物ではなく,持ち主は、越前の漆屋で、先代は日本産漆の扱い量で、日本一に成ったこともある中林さんの物です永遠にただでお借りしています。ギリギリまで入れれば、半樽(5貫500匁)は入ります。次の写真...

Read More

2015年06月30日

6月の食べ物 飲み物

黒鯛は、3歳までがオスで、それを過ぎれば、メスになります。30㎝までであれば大体オスです、松皮、そぎ、中央に湯引きした、皮、胃袋(自作)、白子ぽんず(松井菁人作)近年、鱈の白子が人気で、やかましく言う人がいるが、白子の味はどちらも美味しいと思います...

Read More

2015年06月23日

折り紙を急きょしました

上塗りした後、漆がすでに塗ってある所に、出てしまうことがあります。出てすぐ拭けば問題ないので、専用の和紙で拭き取ります。吉野紙と柿渋を染み込ませた吉野紙を使い、それぞれ、4等分、2等分し、吉野紙を渋吉野で挟み込み、折り上げます。渋吉野を使うわけは、渋吉野は渋を染み...

Read More

2015年06月06日

5月の食べ物、飲み物

今年は、タケノコが不作(イノシシ大暴れ)で、食べられませんでしたが、連休明けに、知人から少し分けて頂きました、ゆばと一緒に、鳥つくねとサッと出しで煮ました、彩りに,はしりのスナップエンドウ(器、奥田達郎作、合鹿椀)、これも連休明けに、行商の魚屋さんから2キロ鯛、メ...

Read More

2015年06月06日

掛軸、花、変えました

梅雨も近づいたので、シミの心配がある掛軸を変えました。現代美術作家の鈴木亘彦君の、1999年作 気色-10 ガラスの板にポリエステルレヂン(樹脂)を溶かし垂らして、ガラスに見立てたものを、ハンダ付けして、壁面に組み立てたものです。目の錯覚で全部、ガラスで出来ているよう...

Read More

2015年06月02日

新ばし 久

17日の夜は、新橋、烏森神社の近くで、私の器を使ってもらている、清水久史さんのお店、久に三越美術部のSさんと行って来ました。生ビールで乾杯の後、お決まり5品をお願いしました、先付け、お造りは鯛、鰹、トリガイ、トリガイは舞鶴のもので、絶品でした。ビールの後に...

Read More

2015年06月02日

人形町 釉月

15日の夜は、私の器を使ってもらっている、人形町の居酒屋,釉月に行って来ました。本日の献立から選んだのは、突き出しのハマグリホイル焼き、刺身盛り合わせ、じゅんさいと渡りガニの酢の物、生ビールの後、一緒に行った人が熊本県人吉市出身とあって、熊本の米焼酎の武者返しを水割りで頂...

Read More

2015年06月01日

新宿伊勢丹 作品展

5月11日(月)~19日(火)伊勢丹新宿にて、ガラス作家河上恭一郎さん二人展を開催しました。週末の15日、16日、17日会場に行っていました。思わぬ来客や、新しい出会いもあり、また修理の依頼もたくさん受けました、ただ会場では立っていることも多く、とにかくつかれました。...

Read More

2015年05月31日

諸国名物帳、始めます

  主に、作品展の告知、食べたもの飲んだもの、出会った人、美しいものなど載せたいと思っています。上のお椀は、飲啄椀(いんたくわん)中国の荘子(書物)一飲一啄(いちいんいったく)からとりました。言葉の意味は、鳥は少し啄み、少し飲むことしか出来ないことから、多...

Read More