諸国名物帳

BLOG

2019年01月31日

1月の食べ物、飲み物

まずおせち料理、筑前煮 自作に皿に数の子、蒲鉾、スモークサーモン、笹漬け二品 小皿に、煮豆、唐墨、チーズ味噌漬け 唐墨は知人のHさんのお手製頂き物で正月に食べきれないものは、どんこ椎茸に乗せてウズラの卵と焼きました 残りは和久傳の名物料理を真似て、唐墨餅どちらも焼くと味が...

Read More

2019年01月01日

謹賀新年 山本素堂作 注連飾り

謹賀新年 明けましておめでとうございます 山本素堂作(生没年不詳) 注連飾り 素堂は酒井抱一の弟子、長男は琳派の絵師でもあり図案家でもある山本光一、次男は雨華庵四世を継いだ酒井道一、作品はそれほど伝わっていませんが、この絵を見る限りかなりの力量が見て取れます。松、竹...

Read More

2018年12月31日

12月の食べ物、飲み物

      近年やたらと獲れ出した赤やがらを魚屋さんにもらいました とりあえず刺身と即席の昆布〆(馬場由知子作)淡白な白身です 真鱈の真子を煮物(木村展之作)夏魚のヒラマサ(半身) 季節感ありませんが、やや大きめにそぎ切り(...

Read More

2018年11月30日

11月の食べ物、飲み物

底引きの甘ダイ、唐揚げ(奥田達朗作)鱗をつけたままの方がパリパリで美味しいですね、腹開きで一塩で干物(伊万里陽刻)白身ですが、油のってます。秋魚のおき鯵、刺身(中島克童作)食感はコリコリで上品な油があります。残りの身は幽庵地に漬けて焼き物(滝田項一作)焼くとマナ鰹とよく似...

Read More

2018年11月18日

山本隆博 塗りもののうつわ展

山本隆博 塗りもののうつわ展 2018年12月1日(土)~12月16日(日)作家在廊1日・2日(15時まで) GALLERY KIRARA 雲母 〒510-0075 三重県四日市市安島2-3-19 南川ビル2階 ℡059-351-5956 ...

Read More

2018年11月10日

酒井道一作 紅葉鹿

酒井道一作 紅葉鹿 昔から画材良く採り上げられ鹿肉は隠語で紅葉(もみじ)などと言われています 花札でも10月の絵柄です この絵でも鹿の角や紅葉の幹にも’たらし込み’がほどこされ絵にアクセントをつけています 鹿や紅葉も擬人かされて若い侍を誘う遊女のようで、たらし込みが効いた...

Read More

2018年10月31日

10月の食べ物、飲み物

底引きのレンコ鯛と梅貝、刺身三種盛り レンコ鯛は、皮目をバーナーで焼き目付けました もともと皮は柔らかく小鯛笹漬けなどにに使われています 焼き目をつけると香ばしく旨みが増します。塩焼き(中島克童作)オーソドックスですが王道の食べ方です。テッポウサワラ(カマスサワラ)久しぶ...

Read More

2018年09月30日

9月の食べ物、飲み物

季節感あまりありませんが、真だことワラサ(鰤の幼魚)刺し盛り合わせ、カマ塩焼き(中島克童作)中骨里芋と煮物(坂本素行作)冬場よりは脂ありませんが、あっさりした旨みがあります。1日では食べきれないので2日目はしゃぶしゃぶ(番浦史郎作)漬けダレはポン酢(自作)いくらでも食べら...

Read More

2018年09月10日

酒井道一作 寒山拾得

昔から水墨画の中では有名な題材 寒山と拾得 寒山は巻き物を持ち、拾得は箒を持って描かれることが多く、文殊菩薩、普賢菩薩の生まれ変わりと言われています 奇声や罵声を発したり寺ではやりたい放題でその破天荒なところが、絵にしやすかったのでしょうか 普通はもっとドロドロで不気味に...

Read More

2018年08月31日

8月の食べ物、飲み物

まず夏魚、鱸は刺身(伊万里陽刻)写真からも解る通り鮮度抜群でこりこりです。下味を付けて竜田揚げ(坂本素行作)酒にも飯にも合います。中骨、カマで出汁をとってにゅう麺(自作)夏なのでジュンサイ入れました。味は上品でそうめんに良くからみます。子イカ(ジンドウイカでしょうか?)と...

Read More