諸国名物帳

TOPICS

2019年05月05日

新宿伊勢丹 作品展

  新宿伊勢丹 山本隆博 漆芸展 5月15日(水)~21日(火)AМ10~PМ8 本館5階=キッチンダイニング/和食器 17日(金)~20日(月)は会場にいます お時間あればお立ち寄りください  ...

Read More

2019年04月30日

4月の食べ物、飲み物

4月の入り大敷網も漁開始、冬の名残の鰤 底引きの甘えびと共に相盛りの刺身そこそこの油です 背側は胡麻ダレ漬けの丼薬味は柚子唐辛子 葉ワサビは豚肩ロースと炒めて 残りは定番、塩もみして熱湯をかけすぐさま袋に入れ空気を抜いて急速冷蔵 出来上がると早速試食、今年も激辛に仕上がり...

Read More

2019年03月31日

3月の食べ物、飲み物

相変わらずのどかなまま春になってしまいました。これほど雪が降らないのも、地響きがするほどの雷が鳴らないのも初めてです。魚のほうはヤリイカ、バイガイ写真ありませんが甘エビ 三種盛りの刺身三種とも甘く醬油より塩が合います。耳とゲソはバイガイと共にパスタ 相変わらず順調な入荷の...

Read More

2019年03月25日

祇園 鮨まつもと

京都で所要がありその際に寄ってきました。かれこれ2年ぶりでしょうか お互いの近況を報告、三越の個展の時のお花を頂いたお礼などして 握りの前に切ってもらいました 甘鯛昆布〆、蛸、北寄貝の湯引きなど日本酒によく合います。続いて握り 明石の平目 スミイカ こはだ マグロ赤身 中...

Read More

2019年02月28日

2月の食べ物、飲み物

2月に入っても真冬とは思えないのどかな日々、漁も順調で平目とガマエビまず即席の昆布〆、ガマエビは個体が小さいので白エビのようです 残りは揚げ物 平目は竜田揚げ、ガマエビは唐揚げとかき揚げ走りの蕗の薹も一緒に天ぷら 翌日残ったかき揚げで蕎麦 旬のヤリイカと白子 ヤリイカは刺...

Read More

2019年01月31日

1月の食べ物、飲み物

まずおせち料理、筑前煮 自作に皿に数の子、蒲鉾、スモークサーモン、笹漬け二品 小皿に、煮豆、唐墨、チーズ味噌漬け 唐墨は知人のHさんのお手製頂き物で正月に食べきれないものは、どんこ椎茸に乗せてウズラの卵と焼きました 残りは和久傳の名物料理を真似て、唐墨餅どちらも焼くと味が...

Read More

2019年01月01日

謹賀新年 山本素堂作 注連飾り

謹賀新年 明けましておめでとうございます 山本素堂作(生没年不詳) 注連飾り 素堂は酒井抱一の弟子、長男は琳派の絵師でもあり図案家でもある山本光一、次男は雨華庵四世を継いだ酒井道一、作品はそれほど伝わっていませんが、この絵を見る限りかなりの力量が見て取れます。松、竹...

Read More

2018年12月31日

12月の食べ物、飲み物

      近年やたらと獲れ出した赤やがらを魚屋さんにもらいました とりあえず刺身と即席の昆布〆(馬場由知子作)淡白な白身です 真鱈の真子を煮物(木村展之作)夏魚のヒラマサ(半身) 季節感ありませんが、やや大きめにそぎ切り(...

Read More

2018年11月30日

11月の食べ物、飲み物

底引きの甘ダイ、唐揚げ(奥田達朗作)鱗をつけたままの方がパリパリで美味しいですね、腹開きで一塩で干物(伊万里陽刻)白身ですが、油のってます。秋魚のおき鯵、刺身(中島克童作)食感はコリコリで上品な油があります。残りの身は幽庵地に漬けて焼き物(滝田項一作)焼くとマナ鰹とよく似...

Read More

2018年11月18日

山本隆博 塗りもののうつわ展

山本隆博 塗りもののうつわ展 2018年12月1日(土)~12月16日(日)作家在廊1日・2日(15時まで) GALLERY KIRARA 雲母 〒510-0075 三重県四日市市安島2-3-19 南川ビル2階 ℡059-351-5956 ...

Read More