諸国名物帳

BLOG

2018年07月31日

7月の食べ物、飲み物

最初に夏魚のハガツオ、塩タタキ(古伊万里陽刻)なめろう(自作)鰹ほど鉄味を感じませんが上品な赤身です。カマ塩焼き(豊場惺也作)醤油漬けで手こね鮨(自作)酢飯とよく合いますね 次も夏魚のひらまさ、刺身となめろう(中島克童作)鰤とは違って透明感がありますしかも鮮度が良いのでコ...

Read More

2018年07月10日

酒井道一作 田舟翡翠

旧暦の5月は今の6月頃にあたるのでしょうか、田植えに使ったと思われる田舟、そのとも(艫)にカワセミが静かに羽を休めています 羽の部分は群青や緑青をたらし込みを効果的に使って描いています。その影響でしょうか空気の湿り気まで感じます。  ...

Read More

2018年06月30日

6月の食べ物、飲み物

あまり季節感はありませんが、平目まず刺身、頭、アラは兜煮(十二代中里太郎右衛門作)刺身食べきれず胡麻醤油漬けにし翌日お茶漬け(自作)、残った半身は竜田揚げ(辻村塊作)、ヤリイカはするめ烏賊の不漁でそのあおりを受けて高値ですが、刺身(快山作)ゲソはこの季節の山椒の実、アスパ...

Read More

2018年05月31日

5月の食べ物、飲み物

定置網で採れた、黒鯛と鯵、捌いて2種盛の刺身(辻村塊作)黒鯛皮は湯がいて酢の物(自作)捌いた頭は兜煮(中島克童作)鯵中骨は骨せんべい(豊場惺也作)、鯵の身は一緒に挙げて南蛮漬け(藤平寧作)1日で食べきれないので、翌日は、黒鯛は昆布〆(中村梅山作)鯛飯(自作)腹身は赤出汁(...

Read More

2018年05月10日

酒井道一作 杜若

酒井道一作 杜若 琳派では代表的な図柄で伊勢物語中からとられた画材です もっとも有名なものが、尾形光琳作の杜若図屏風でその魅力にひかれ数多の絵師が挑戦しています。また解説や説明も多種多様です。私ごときが説明することではありせんので専門家に任せますが、最大の魅力は、金、緑青...

Read More

2018年05月08日

日本橋三越本店にて個展

  会期 2018年5月23日(水)~29日(火) 最終日午後5時閉場 会場 日本橋三越本店 本館6階 美術サロン 会期中は会場に居ます お時間あればお立ち寄りください ※ 個展に合わせまして、カタログ図録制作しました 普段からご連絡して...

Read More

2018年04月30日

4月の食べ物、飲み物

春の珍事、資源量は減っているはずの鰯が豊漁で、久しぶりに塩焼き(伊万里陽刻)開いてパン粉焼き。まだ大敷き網が入っていないので小網で獲れた ソイ、メバル とりあえず刺身(中島克童作)この手魚は鮮度のもちが良いので、コリコリです塩焼き身がホクホクしています。余った刺身は練りゴ...

Read More

銀座 鮨竹
2018年04月30日

銀座 鮨竹

3月に日本橋三越での個展の図録制作の為の写真撮りに立ち会う為に上京しました。その折に銀座の鮨竹に行って来ました。お通しはしんとり菜のお浸し、江戸野菜だそうです癖の無い味です。お酒は熱燗で頂き、おつまみを各種もらいました造りは平目、タコ 鳥貝、蛍烏賊、シラウオなど 鳥貝は三...

Read More

2018年03月30日

3月の食べ物、飲み物

海は荒れ気味で安定しません、甘えびはバケット焼いて(馬場由知子作)ブルスケッタ(自作) この時期名残の底引きで獲れた赤カレイ、何度か魚屋さんが持って来たので、煮付け(石皿)丸焼(古伊万里)下味を付けて唐揚げ(番浦史郎作)唐揚げは、ビールが合いますね。シーズン最後の越前蟹、...

Read More

2018年03月10日

酒井道一作 蒲公英、菫

蒲公英、菫に土筆が描かれています 3種とも食べることが出来るらしいですが、私の周りでは食べる習慣がありません。昔、土筆の卵とじを知人から頂き食べたことがあるのですが、苦みがありあまりおいしいとは思いませんでした 苦みなどは、大人にならないと美味しさが解らないものなので、今...

Read More