諸国名物帳

TOPICS

2018年10月31日

10月の食べ物、飲み物

底引きのレンコ鯛と梅貝、刺身三種盛り レンコ鯛は、皮目をバーナーで焼き目付けました もともと皮は柔らかく小鯛笹漬けなどにに使われています 焼き目をつけると香ばしく旨みが増します。塩焼き(中島克童作)オーソドックスですが王道の食べ方です。テッポウサワラ(カマスサワラ)久しぶ...

Read More

2018年09月30日

9月の食べ物、飲み物

季節感あまりありませんが、真だことワラサ(鰤の幼魚)刺し盛り合わせ、カマ塩焼き(中島克童作)中骨里芋と煮物(坂本素行作)冬場よりは脂ありませんが、あっさりした旨みがあります。1日では食べきれないので2日目はしゃぶしゃぶ(番浦史郎作)漬けダレはポン酢(自作)いくらでも食べら...

Read More

2018年09月10日

酒井道一作 寒山拾得

昔から水墨画の中では有名な題材 寒山と拾得 寒山は巻き物を持ち、拾得は箒を持って描かれることが多く、文殊菩薩、普賢菩薩の生まれ変わりと言われています 奇声や罵声を発したり寺ではやりたい放題でその破天荒なところが、絵にしやすかったのでしょうか 普通はもっとドロドロで不気味に...

Read More

2018年08月31日

8月の食べ物、飲み物

まず夏魚、鱸は刺身(伊万里陽刻)写真からも解る通り鮮度抜群でこりこりです。下味を付けて竜田揚げ(坂本素行作)酒にも飯にも合います。中骨、カマで出汁をとってにゅう麺(自作)夏なのでジュンサイ入れました。味は上品でそうめんに良くからみます。子イカ(ジンドウイカでしょうか?)と...

Read More

2018年07月31日

7月の食べ物、飲み物

最初に夏魚のハガツオ、塩タタキ(古伊万里陽刻)なめろう(自作)鰹ほど鉄味を感じませんが上品な赤身です。カマ塩焼き(豊場惺也作)醤油漬けで手こね鮨(自作)酢飯とよく合いますね 次も夏魚のひらまさ、刺身となめろう(中島克童作)鰤とは違って透明感がありますしかも鮮度が良いのでコ...

Read More

2018年07月10日

酒井道一作 田舟翡翠

旧暦の5月は今の6月頃にあたるのでしょうか、田植えに使ったと思われる田舟、そのとも(艫)にカワセミが静かに羽を休めています 羽の部分は群青や緑青をたらし込みを効果的に使って描いています。その影響でしょうか空気の湿り気まで感じます。  ...

Read More

2018年06月30日

6月の食べ物、飲み物

あまり季節感はありませんが、平目まず刺身、頭、アラは兜煮(十二代中里太郎右衛門作)刺身食べきれず胡麻醤油漬けにし翌日お茶漬け(自作)、残った半身は竜田揚げ(辻村塊作)、ヤリイカはするめ烏賊の不漁でそのあおりを受けて高値ですが、刺身(快山作)ゲソはこの季節の山椒の実、アスパ...

Read More

2018年05月31日

5月の食べ物、飲み物

定置網で採れた、黒鯛と鯵、捌いて2種盛の刺身(辻村塊作)黒鯛皮は湯がいて酢の物(自作)捌いた頭は兜煮(中島克童作)鯵中骨は骨せんべい(豊場惺也作)、鯵の身は一緒に挙げて南蛮漬け(藤平寧作)1日で食べきれないので、翌日は、黒鯛は昆布〆(中村梅山作)鯛飯(自作)腹身は赤出汁(...

Read More

2018年05月10日

酒井道一作 杜若

酒井道一作 杜若 琳派では代表的な図柄で伊勢物語中からとられた画材です もっとも有名なものが、尾形光琳作の杜若図屏風でその魅力にひかれ数多の絵師が挑戦しています。また解説や説明も多種多様です。私ごときが説明することではありせんので専門家に任せますが、最大の魅力は、金、緑青...

Read More

2018年05月08日

日本橋三越本店にて個展

  会期 2018年5月23日(水)~29日(火) 最終日午後5時閉場 会場 日本橋三越本店 本館6階 美術サロン 会期中は会場に居ます お時間あればお立ち寄りください ※ 個展に合わせまして、カタログ図録制作しました 普段からご連絡して...

Read More