諸国名物帳

BLOG

2018年01月01日

謹賀新年 酒井道一作 雪中山水

酒井道一作 雪中山水 厳冬の景色ですね 寒々とした凍てつく風景には音もないように思われます 俳句の冬の季語に冴(さ)えるがあります冷たく凍ると共に鮮やかとゆう意味もあり 腕の冴え、頭の冴えなどの言い回しもします。冴えた眼で世の中見ていきたいですね。今年もよろしくお願いしま...

Read More

2017年12月31日

12月の食べ物、飲み物

まず甘鯛、そこそこの大きさです水分が多いので3枚におろして、昆布〆(中島克童作)、腹開きで塩をして扇風機で風を当て干物(松井菁人作)、中骨や昆布〆の昆布で出汁をとってにゅうめん(自作)白身ながらかなり油と旨みあります。これからたくさん獲れ出す鱸、刺身となめろう(馬場由知子...

Read More

2017年12月10日

酒井道一作 鷺浪

酒井道一作 鷺浪  昔から浪(波)といえば千鳥です、ちなみに千鳥の季語は冬です。波に千鳥はその為良く描かれていますが、今回は鷺 実際海で見かけることはほとんどないので、時雨れて水かさを増した川の波立つ上空を鷺が飛んでいる姿でしょうか?または鷺の表情が擬人化されて、キョトン...

Read More

2017年12月03日

日日 ぬりもの

日日 〒602-0875 ℡075-254-7533 京都市上京区信冨町298 www.nichinichi.com 12月8日(金)~12月25(月)  作家在廊 12月8日(金)~10日(日) 10:00~18:00 火曜定休 &n...

Read More

2017年11月30日

11月の食べ物、飲み物

小ぶりながら、アオハタとアコウ、小鯵はアコウが飲みこんでいました、出汁が出るのであさりとドライトマトを入れてアクアパッサ 秋になると獲れるこしょう鯛の刺身(番浦史郎作)白身ながら上品な油があります 腹身は塩焼き(豊場惺也作)焼くとより油気を感じます。甘海老ブルスケッタ(中...

Read More

2017年11月27日

東日本橋 釉月

  器を使ってもらっている金子君のお店、釉月が再開したと案内をもらいましたので、上京の際行っていました。バブルの頃に建てられた物件をリホームしたもので、新築かと思ってしまいました 前の店は地下だったのですが、今回は中二階 江戸前寿司のお店のような感じで期待...

Read More

2017年10月31日

10月の食べ物、飲み物

最近は年中獲れている鰆、流行りの塩タタキ、なめろう(辻村塊作)塩タタキは氷ににおとさないので、皮目が香ばしくより油の旨みを感じます、なめろうは、一説には漁師が海の上で調理する時に醤油では波が荒いとこぼれてしまい使いにくいで味噌を使うとと言われていますが、私は醤油が発達する...

Read More

2017年10月10日

酒井道一作 菊

酒井道一作、菊 菊の花びらの輪郭が、墨一色とおもいきや、金泥でたらし込みがほでこされているのが、シミ抜きしてもらって初めてわかりました、なかなか芸が細かいですね。添え木として立てられた竹の枝は、琳派の描き方より南画的で当時の南画の隆盛を感じさせます。明治8年発行の書画一覧...

Read More

2017年10月07日

日本漆山脈

10月18日(水)~23日(月) 阪急うめだ本店 大阪市北区角田町8-7 ℡ 06-6361-1381 9階 阪急うめだギャラリー 漆の未来を見てほしいⅢ 日本漆山脈 出店します 会期中会場に居ります お時間あればお立ち寄りください...

Read More

2017年09月30日

9月の食べ物、飲み物

9月に入り底引き解禁、小物中心に16尾、メバル、ソイ、ユメカサゴなど全部さばくのに合計2時間ほどかかりました。とりあえず刺身(奥田達朗作)カサゴの類は鮮度が落ちにくいのでコリコリです、兜は粗煮(十二代中里太郎右衛門作)小さいものは唐揚げ(豊場惺也作)2度上げでサクサクです...

Read More