諸国名物帳

TOPICS

2017年02月28日

2月の食べ物、飲み物

今月は海も荒れ模様で、魚が獲れません、その中から刺し網で採れた、アコウ(キジハタ)大きくなるととても高価ですが、このくらいであれば廉価(全部で1000円)ただ下処理が大変です。ヌメヌメして鱗や鰓をとり、内臓を出すと時間が30分以上かってしまいました。刺身(鈴木三成作)コリ...

Read More

2017年02月20日

おわんや巧 塗り物の器展 

山本隆博 塗り物の器展 3月4日(土)~12(日) 11:〇〇~18:〇〇 作家在廊日 4日(土)・5日(日)・11日(土)・12日(日) 催し  京都でお茶漬け食べませんか?わたしが胡麻だれ漬けにした(平目又は鱸)を自作のおわんで食べさせます 日...

Read More

2017年02月20日

素材を愉しむ丁寧な仕事展

  日本橋高島屋7階 ギャラリー暮しの工芸 素材を愉しむ丁寧な仕事展 出展者:松村学(ガラス) 橋口信弘(陶芸) 山一漆器(うるし) 3月1日(水)~7日(火) ※最終日は午後5時閉場 〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-...

Read More

2017年02月10日

酒井道一作   梅椿

酒井道一作 梅椿(31.4×23.8cm)明治期の江戸琳派の絵師 父は酒井抱一の弟子でもあった山本素堂(生没年不祥) 画家で図案家の山本光一は兄 酒井鶯蒲の養子の鶯一の娘と結婚し、慶応二(1866)年、雨華庵四世を継ぐ。江戸絵画のコレクションとして世界的に知られている、ジ...

Read More

2017年01月31日

1月の食べ物、飲み物

もう10年ぐらいでしょうか?関西に住む親戚に頼まれて、関東の知人にお願いして干し数の子を取り寄せています。とにかく高価で貴重なものです(カスピアのキャビアほどではありませんが)まず、干し数の子を海水くらいの濃度の塩水で朝晩水を変えること5日ぼど、市販の塩数の子の大きさまで...

Read More

2017年01月01日

並木恒延作 松風

並木恒延作 松風(8号円) 謹賀新年 今年もよろしくお願いします...

Read More

2016年12月31日

12月の食べ物、飲み物

まず、年内しか漁期が限られている、セイコガニ(雌のズワイガニ)身を出して、茗荷の甘酢漬け、シイタケの甘煮を細かく刻み内子、外子と共にご飯と混ぜ酢飯を作り、身を上にのせたちらし寿司(中島克童作)味は申し分ありませんが、値段は高くなるいっぽうです。大敷き網も、越前ではもうそろ...

Read More

2016年12月10日

並木恒延作  鷹の爪

鷹の爪(18×10.3cm)この作品は、磨き上げた黒を背景に赤の色箔と金箔わずかに茶色の色箔を使って見事に仕上げられています。特に背景の黒と唐辛子の赤の対比がすばらしく、おなじ漆工芸の蒔絵表現では表現できない仕上がりとなっています。並木さんの作品展では人気の画材で、私も何...

Read More

2016年11月30日

11月の食べ物、飲み物

まず平目ですが、たまに獲れる養漁場から逃げ出したもので裏側が、真っ白でないため値段がつきませんが中身は天然ものです。刺身(鈴木三成作)、頭は煮ても良いのですが、兜焼き(奥田達郎作)、ブロッコリーと共にビールを衣に入れたフリッター(藤平寧作)11月に入っても獲れているおき鯵...

Read More

2016年11月10日

並木恒延作 柿の実

並木さんの作品図録(平成6年水の香 並木恒延漆芸展)によると、柿のとがった葉は渋柿。丸葉は甘柿。紅葉しない葉は渋柿だそうだ。この作品 柿の実(18cm×10.3cm)は葉は付いていないもののおそらく甘柿ではないだろか、我が家にも甘柿の木が1本だけあり実の感じがに並木作品に...

Read More