諸国名物帳

BLOG

2016年09月10日

並木恒延作 行く夏

9月に入りやや涼しくなってきましたがまだまだ暑い日が続いています。7月に取り上げた”池塘”を三越で買った時にお礼として頂きました。頂いて直ぐ額装し厚かましくも箱書きまでして頂きました。遠い日、運動会の空にたくさん飛んでいた赤とんぼを思い出しています...

Read More

2016年08月30日

8月の食べ物、飲み物

まず、青魚の鰆を塩たたき(岡野法世作)盛り込み過ぎですね、夏野菜と共に揚げだしをガラスの器で、出汁が浸みて冷えても美味しい味で飯にもよく合います。これも青魚の鯵、たたきと鹿子(豊場惺也作)残りをフライで(中島克童作)身は肉厚でジューシー中骨はカリカリでビールに良く合います...

Read More

2016年08月10日

並木恒延作 華厳の滝

尾瀬の山々に降った雪はやがて融け、川と成り、滝と成り下って行きます。並木作品には滝を題材にした作品も多く日展の出品作品の100号サイズからミニアチュールまで存在します。やはり大作は迫力がありインパクトがありますが、この作品(18cm×10.3cm)サイズでも、金粉、卵殻、...

Read More

2016年07月31日

7月の食べ物、飲み物

まず、盛りのさざえは刺身(中島克童作)、手前はひも貝柱、殻の中に入っているのは身です共にコリコリで旬の味です。残りは卵とじのサザエ丼(自作)スプーン(自作)貝の出汁が十分出ています。魚屋さんからもらったタコ(タコの種類不明)は、にんにくオリーブ油炒め(木村展之作)、オリー...

Read More

2016年07月10日

並木恒延作 池塘

並木恒延作 池塘(8F)この作品は1996年 日本橋三越本店での並木さんの個展「水の香 並木恒延 漆芸展」で私が買い求めたものです。夏の尾瀬の風景を山並み、池を金粉で、池に浮かぶ池塘をアワビ貝の青く発色するところだけを贅沢に使って、上品に仕上げられています。私のパネルを初...

Read More

2016年06月30日

6月の食べ物、飲み物

30年ぐらい前に仕事場を新しくしてから、野鳥が運んできた山椒が育っては枯れ、育っては枯れを繰り返しています。ほとんど育ったものが雄だったこともあって、実を付けるのはものは育たなかったのですが、幸いそれほど大きくないのですが、2.3年ほど前からしっかり実を付けてくれるように...

Read More

2016年06月13日

伊勢丹 新宿 「良質なくらしの道具展」

6月22日(水)~28日(火) 荒川尚也(硝子)/山本隆博(うるし) 伊勢丹新宿店本館5階 キッチンダイニング/和食器 「良質なくらしの道具展」に出品します 25(土)26(日)27日(月)は会場に居ます お時間あればお立ち寄りください &n...

Read More

2016年06月10日

並木恒延作 翡翠図硯箱

2007年に三越日本橋本店の美術サロンで初めて個展をしました。来てもらった人に住所や名前を書いて頂きました。その時に使った硯箱です。私は作家本人に作品を直接、注文することはほとんどないのですが、恐る恐るお願いしました。以前から私が作ってあった硯箱が2組在り、それぞれに硯や...

Read More

2016年05月31日

5月の食べ物、飲み物

5月に入り、まず山菜上から三つ葉煮びたし、独活味噌漬け、ワラビお浸し(すべて淡陶社珉平焼)今年は筍は表年なので沢山頂きました。若竹煮(自作)、衣にクミンシードと木の芽を入れた唐揚げ、隣はソイの竜田揚げ(辻村塊作)筍は香辛料がきいてスパイシーな味です。牛カルビと筍と木の芽の...

Read More

2016年05月10日

並木恒延作 明日

並木恒延作、明日(36cm×10cm)縦長の短冊仕立てのパネルを使い、プラチナ箔を砂子にして土手に見立て、茶色の色箔を使い筍から竹に育つ瞬間を描いています。この作品を見ていると亡くなった父が子供の頃、親たちが山に行って山菜を採って持ち帰り自慢しあっているのを見て、自分も...

Read More